新名ラボマネージャーが文部科学大臣表彰に決定

 文部科学省では、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者を「科学技術分野の文部科学大臣表彰」として顕彰しています。愛媛大学教育研究高度化支援室(GRC担当)の新名亨ラボマネージャーが、このうちの「研究支援賞」の受賞者の一人に決定され、2021年4月6日(火)付で文部科学省から発表されました。

受賞者の新名ラボマネージャー(右)

 研究支援賞は、同表彰の4つの賞(他に科学技術賞、若手科学者賞、創意工夫功労者賞)の一つで、「高度で専門的な技術的貢献を通じて研究開発の推進に寄与する活動を行い、顕著な功績があった者」が表彰の対象となっています。新名ラボマネージャーの受賞理由は「大型超高圧装置による新物質の開発における貢献」で、愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター(GRC)に設置されている6台の大型超高圧装置の運用、とりわけGRCに2009年に設置された世界最大の超高圧装置「BOTCHAN-6000」を用いた超高圧合成技術の開発と、それを用いた新物質・材料の合成における貢献が大きく評価されたものです。

 GRCでは、世界最硬物質であるナノ多結晶ダイヤモンド(「ヒメダイヤ」)の合成を2003年に発表しましたが、新名ラボマネージャーによるBOTCHAN-6000を用いた安定的合成技術の確立により、大型で高品質なヒメダイヤの合成と供給が可能となりました。得られたヒメダイヤを用いた共同研究は、GRCが運用する全国の共同利用・共同研究拠点「先進超高圧科学研究拠点」(PRIUS)における活動の重要な柱となっています。

 なお、本賞の表彰式は2021年4月14日(水)に文部科学省において、またYouTubeによる
同時ライブ配信により行われる予定です。ライブ配信は関係者のみの限定公開となって
いますが、後日にアーカイブとして文科省公式チャンネルで公開予定となっています。

創石実験室での受賞発表取材

【参考HP】
文部科学省HP内:令和3年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者等の決定について

地球深部ダイナミクス研究センター

〒790-8577 愛媛県松山市文京町2-5
愛媛大学城北キャンパス
理学部構内総合研究棟Ⅰ >>Access Map
TEL 089-927-8197 / FAX 089-927-8167
サイトポリシー      内部専用ページ
Copyright GRC All rights reserved. | 旧ホームページはこちら