松下 正史, Masafumi Matsushita, 教授

■ 研究対象
新奇な合金、金属間化合物の合成と機械特性と変形、遍歴電子磁性体の圧力誘起磁気相転移と磁気体積効果

研究内容

 大気圧下では形成することのできない化学組成の固溶体や、超格子構造、金属間化合物の探索を高圧高温処理、高圧での凝固プロセスを利用して行っています。主なターゲットはマグネシウム合金とアルミニウム合金で、作成された合金の強度や変形についての実験的研究、相安定性についての第一原理計算を用いた評価を行っています。他に、遍歴電子磁性体の圧力誘起磁気相転移、ならびに磁気体積効果について高圧場を利用した研究を行っています。

地球深部ダイナミクス研究センター

〒790-8577 愛媛県松山市文京町2-5
愛媛大学城北キャンパス
理学部構内総合研究棟Ⅰ >>Access Map
TEL 089-927-8197 / FAX 089-927-8167
サイトポリシー      内部専用ページ
Copyright GRC All rights reserved. | 旧ホームページはこちら